718ケイマン、2018年モデルについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

718ケイマン、2018年モデルの変更点

718ケイマン、718ボクスターの2017年モデルではコネクトプラスが標準装備になって価格改定が行われましたが(こっちも2018年モデル?)2018年モデルではもうちょい大きな変更があります。

少し前にポルシェセンターに行った時に聞いた話ですが、既に通達が来ているとお話を伺いました。

その変更点は、なんとPCMの外部映像入力端子が無くなるそうです。

つまりこの外部映像入力端子が無くなるということは、メーカーオプション以外の後付でバックカメラ&テレビチューナーが付けられなくなるということです。

そしてメーカーオプションからテレビチューナーが無くなります。
もうテレビは純正だろうがなんだろうがPCMには付けれません。
既にポルシェのコンフィグレーターからは消えています。

この情報、聞いたときは全然興味無かったので流して聞いてたので記憶に間違いがあるかもしれません。が、たぶん合ってます。

ぶっちゃけ私は車の中でテレビは見ないのでこっちはどうでもいいのですが、メーカーオプション以外でバックカメラが付けられないのは痛いですね。

メーカーオプションでバックカメラを付ける場合、パークアシストとセットで約30万円、テレビチューナーは約20万円。バックカメラとテレビチューナーで50万円って(苦笑)

後付でバックカメラを付ける場合は14万円程度、テレビチューナーとセットで18万円程度だったので既に納車されている方は後付で付けている人が多いと思います。私もそうです。

ただ、メーカーオプションのバックカメラは残ってるのでその端子は使えるんじゃないの?と個人的には思っています。その端子につなげるインターフェースとコーディング変更でバックカメラもテレビチューナーもなんとか後付できるんじゃないの?と。

まあでもこれから注文する人は注意が必要ですね。