718ケイマン Sとベースグレードの差

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

718ケイマンの3000キロの初回点検を受けてきました。

その時ついでにケイマンSを試乗してきたので改めて気付いた事を書いてみようかと思います。

試乗車の主な装備は下記のような感じでした。
・スポーツクロノパッケージ
・PASMスポーツシャシー
・スポーツエキゾースト
・ケイマンSホイール(Sの標準のやつ)

もちろん細かい物はいろいろ他にも付いてますがその辺は別にいいですね。走りが変わるような物では無いし。そして走行距離は3300キロを超えたあたり。

私の718ケイマンの主な装備はこんな感じです。
・スポーツクロノパッケージ
・PASM
・ケイマンSホイール

そして走行距離は3300キロちょっと。

こうみるとほとんど同じなわけですよ。
スポーツエキゾーストは音が変わるだけでパフォーマンスに差は無いという評価が多いのでこれは無視するとあと違うのは「PASM」「PASMスポーツシャシ」、そしてエンジンの排気量500ccの差とベースグレードには非搭載のVGTが搭載されたターボ。VGTは別にオプションなんかでは無く、Sには標準装備なのでグレードの違いによる差がじっくり味わえそうです。

早速乗り込んで走り出してみるとまず思ったのが、、

同じだ・・・

今まで納車される前に試乗車に乗っていた頃はSLKに乗ってたので差がありすぎだったんですよね。
今回は718ケイマンから718ケイマンS、いい加減乗りなれた車でポジションや見える景色がまったく同じという意味です。決してパワーの事ではないです。

とりあえず、スポーツモードにPASMもスポーツを選択していつもの状態にします。パワーの違いは確かにあります。公道で大きく差が出るのでは2000回転以下のトルクでこの回転数ではとても快適に走ることが出来ました。やはりベースグレードだとこの辺りのトルクは細く感じると言わざるを得ないと思います。

ただ、パワーに関して大きく差を感じたのはそれくらいですね。
もちろんそれ以上の回転数でもトルクがあってベースグレード以上にグイグイ加速していくのは公道でもわかります。ただ、そこまでは使わないだろうという感じでした。

もちろんサーキット走行する場合はパワーはあればあるほど良いのか知りませんが、私の場合は通勤ですから。ケイマンは通勤用ですから(笑)

そして実はパワーの差より気になったことがあります。
パワー以外はほぼ同じはずなのにですよ。困りました。

ハンドリングが違うとしか思えない。

もちろんPASMスポーツシャーシが装備されてる、エンジンの重量だって違うからきっと足回りのセッティングだって違のでしょう。でもこんなド素人の私にでもハッキリ違いがわかるくらい違うのか?と。
ドッシリしていると言うか、落ち着きがあると言うか、そんな感じです。前に991.2のSに試乗させてもらった事があるのですがその時の感触を思い出しました。

まあ気のせいかもしれないですけどね。

あとどうでも話ですが下の画像の「トリップ」と書いてある上にあるキロ数、残りの燃料で走れるであろう距離の表示ですが、左がSで557キロ、右がベースグレードで419キロ・・・

これはうらやましいです。
燃料タンクのサイズが違うからなんですけどね。
確か本国ではタンク容量もオプションで選べるんだったと思います。

そしてついでに燃費計も気になりますね。

試乗車でみんな恐る恐る運転してるということもあるでしょうが、私の車両より燃費が良い表示してますね。びっくりです。もしかしてその2000回転以下でも走れるから?とか思っちゃいますね。

まあ、もちろんいろいろ差はあるわけですがこの差に200万出すか?という問題ですよね。
200万と言えばベースグレードをオプション普通に付けて買うか、オプション削ってSを買うかって差だと思いますが、私の場合はベースグレードにそれなりのオプションを付けると言う選択で良かったと思っています。

もちろんSにオプションそれなりに付けて・・・という予算の問題をクリアすれば良いのかもしれませんが、そうすると次はオプション削った911が見えてくるわけで。まったく絶妙な値段設定ですね。